ベビー用品はレンタルで用意しよう|費用を抑えて子育てできる

赤ちゃん
  1. ホーム
  2. 昼間の外出の時には必須

昼間の外出の時には必須

クリーム

新生児からOK

日光は赤ちゃんの骨の成長にとって必要なものではありますが、浴びすぎてしまうと問題を引き起こしてしまう原因になってしまいます。昔は日焼け止めは大人になってから肌を白く保つために使えば良いという認識でしたが、現在では紫外線が赤ちゃんの頃から肌に当たることで発生しやすくなるといわれている皮膚がんの予防のためにも、赤ちゃんの頃から日焼け止めをつけて外出することが推奨されています。基本的に、日焼け止めは赤ちゃんが新生児の時から使っても良いといわれています。しかしまだデリケートな赤ちゃんの肌が、日焼け止めの成分に反応してしまいトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。生後3か月頃からは徐々に肌も丈夫になってきますので、それ以降は昼間の日光の強い時間の長期間の外出を避ける方が無難です。

どれでも良いわけじゃない

赤ちゃんに日焼け止めを使うことで、昼間の長時間の外出も紫外線に関する問題はなくなります。しかし赤ちゃん用の日焼け止めはお風呂など水やお湯で落としやすいように製造されているため、汗っかきの赤ちゃんの場合には一度日焼け止めを塗るだけでは外出中に汗と一緒に流れ落ちてしまう可能性もありますので、長時間の外出をするのがわかっている場合には日焼け止め持参で外出し、こまめに塗り直しを行った方が良いでしょう。また、日焼け止めに入っている成分をよくチェックし、紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶようにしましょう。紫外線吸収剤の成分は赤ちゃんの肌にトラブルを引き起こす可能性があるので、赤ちゃん用と書いてある日焼け止めであっても、成分をチェックしておくと後々のトラブルを防ぐことができます。